婚約指輪は手作りをして愛も注入|喜ばれるリングに仕上げよう

披露宴に招待されたら

着物

披露宴の席を華やかに

結婚式の披露宴に招待されたら、服装に悩む女性も多いことでしょう。振袖を着て結婚式の披露宴の席を華やかにしましょう。振袖は未婚の女性の第一礼装です。未婚の時にしか着られません。未婚でも三十代となると着る機会があまりありません。着られるうちに振袖を着ておきましょう。成人式の時と雰囲気を変えたい、手持ちの着物がない時はレンタルを利用します。最近はネットでも申し込めるものもあるので、とても便利です。ネットで振袖をレンタルする時には、どの小物が含まれているかをきちんと確認します。バックや草履がセットになっていることが多いですが、長襦袢や足袋は含まれないこともあるからです。レンタルはクリーニングやメンテナンスの手間がかからず、便利です。ネットでのレンタルの場合、宅配便で届き、宅配便で返却できるものもあります。

注意したいことは

注意したいことは、結婚式の主役は花嫁ですので、花嫁より目立ってはいけません。て、シンプルなものにすると良いでしょう。花嫁のドレスや着物の色を確認して被らないようにします。髪型やメイクも美容師に結婚式に出席する旨を伝えて、シンプルなものにすると良いでしょう。振袖は場を華やかにしますが、とても目立ちます。なにげない仕草にも心を配りたいものです。食事のマナーにも十分気を付けます。振袖を汚さないようにナプキンやハンカチを膝の上に広げておきます。たばこは避けます。お酒はほどほどにします。泥酔するのはもってのほかです。振袖を着て、大荷物を持つのはおかしなものです。持ち物は最小限にします。歩くのも普段より遅くなりますので、時間に余裕をもって行動します。